公開記事
発毛で根本的に解決!

ショートは目立つ?発毛と面部脱毛の関連性

ショートとロングの髪型でどちらが薄毛が目立つのかというと、これは個人差があります。ロングであれば薄い部分に回せる髪型をすれば誤魔化すこともできますが、そのままであれば余計長い分薄いところが目立つでしょう。またショートであれば隠す髪の量がありませんので、誤魔化しようがありません。また日本人は黒髪であり、外国人のようにブロンドと頭皮の色が融合していませんので、目立ちやすい傾向にあります。また欧米と比べて薄毛はハゲと揶揄されることも多く、日本人にとって薄毛の環境は辛いのが現状です。

AGA男性型脱毛症が市民権を得てから、普通のクリニックでも医薬品を処方される体制が整っています。それは内科のようなクリニックでも処方してもらえますが、処方する医師の薄毛に関する知識は浅いです。本気で薄毛治療を求めるには、少々物足りない場所になります。本気で発毛を希望しているのであれば、面部脱毛ができるようなクリニックをおすすめします。顔の脱毛というと医療脱毛になり、そのような美容専門クリニックの方が、発毛へのプロセスを導いてくれる可能性が高くなります。一般的な治療方法の他にも、薄毛クリニック独自の方法で発毛に取り組んでいますので、改善する可能性も高くなるでしょう。

そこまで薄毛が目立つわけではなく、とにかく脱毛を食い止めたいと考えているような男性であれば、一般的な医薬品を使って改善する可能性もありますが、明らかにハゲといった状況であれば、一般的なクリニックで改善を図るには困難になることがあります。そのような男性にこそ、専門クリニックがおすすめです。ただし医療費が高くなりますので、その点は覚悟して対策を講じる必要があります。